「ホスト芸人BAR season14~白鯨anniversary~」

// 9月 13th, 2017 // その他, イベント情報, バラエティー, 終了したイベント

9月
13
20:00

9/13(水)
「ホスト芸人BAR season14~白鯨anniversary~」
open 20:00 / charge¥1,000- (1drink別)
出演 / にしね・ザ・タイガー、ひこーき雲佐藤、花鳥風月緒形、ボーカル、ポインセチアとだ、煉瓦ホリオ
SPECIAL THANKS / DNA池上、ヘル東内

・なんば白鯨8周年記念コンセプトBAR営業!お笑い芸人たちがシュッとして、ホストに扮しておもてなし!今夜は白鯨8周年&ホスト芸人BAR5周年!笑い声、黄色い声援大歓迎!

【ホスト芸人紹介】
NO.1
大河-TAIGA-(にしね・ザ・タイガー)
押しも押されぬNO.1ホスト。
その存在に誰もが憧れる。
T-BOLANが好きで必ず最後にT-BOLANメドレーを歌う。
NO.2のシュガーと同居している。

NO.2
シュガー-SUGAR-(ひこーき雲佐藤)
九州地方で絶大な人気を誇り、都に出てきたが、大河に出会い、上には上がいることに気づき大河に追い付こうと日々努力している。
酔うとラブイズオーバーを歌うくせがある。

NO.3
雅使-TADASHI-(ポインセチアとだ)
九州時代あの、シュガー、亘と同じ店で働き、亘が上京する際NO.1を託される。
シュガーとは直接面識は無かったが、九州の伝説として語り継がれている。
やはり、亘と同じく、シュガーを追いかけホスト芸人BARに入店。
反骨精神が強く、よく弘や他のホストとぶつかってしまうことも多い。
亘よりも早くno.3になってしまい、亘との仲が険悪になっている。

NO.4
弘-HIROSHI-(花鳥風月緒形)
元ボーイで憧れの大河の進言によりホストになる。まだまだ未熟でミスも多いがみんなのムードメーカー的存在で頑張っている。
たまに安易な枕営業をしてしまい、度々周りに怒られてしまう。

NO.5
亘-WATARU-(ボーカル)
九州時代、シュガーと同じ店で働き、シュガーが上京する際、No.1を託される。
しばらく九州でNo.1になるがシュガーをおっかけホスト芸人BARに入店。
後輩の雅使にno.3を取られ、関係がギクシャクしている。

No.6
蓮-REN-(煉瓦ホリオ)
東海地方でno.1を目指していたが、挫折し他の店ならno.1なれると思い、上京してホスト芸人BARに入店。
しかし大河に出会い自分が目指していたものの小ささに気付く。
20年選手のベテランだが、地元の近い大河との関係は良好。
しかし枕営業が嫌いで、弘には厳しい態度を取る。

ボーイ
TAKESHI(地獄の遺伝子ヘル東内)
TAKASHIの息子。父親と仲違いの末、池上の計らいでホスト芸人BARで働く。
弘と違い、ホスト希望はなく、ボーイの仕事に生きがいを感じている。

オーナー
池上(地獄の遺伝子DNA池上)
遠い昔、伝説のホストといわれこの業界では知らぬものはいなかったが、今は引退し経営者に回っている。あの大河という逸材を見つけてきた男。
関ジャニ∞の大倉くん似で広島カープの前田健太のモノマネが得意。
照れ屋であまり店には顔を出さないが、周年と大河の誕生日には必ず駆けつけ、歌っていく。

TAKASHI(地獄の遺伝子ヘル東内)
かつて池上とNO.1を争っていたが、ケンカ別れという形で店を離れた。
現在は独立し群青海月という店で働いている。
井上陽水のモノマネが得意。

【これまでの出演者】

ボーイ
シゲキ(人生)
9月4日(水)が誕生日

ホスト
ベルサイユ-BERUSAIYU-(ベルサイユ)
憧れの大河に近づきたい一心で、女性であることを隠し、ホスト芸人BARに入店。
しかしひょんな事からSATOYUKIに女性である事がばれてしまう。

SATOYUKI(畑野聡行)
大河がかつて手塩にかけて育てた逸材。
その甲斐あってホスト歴史史上最短で独立するが、やはり大河の元で働きたいと懇願し、兼業という形でホスト芸人BARに戻ってきた。
Love you onlyを得意とする。

ホスト
瑞樹(もみちゃんズ)
憧れの大河に近づきたい一心で、女性であることを隠し、ホスト芸人BARに入店。
しかしひょんな事から大河に女性である事がばれてしまう。
実はSATOYUKIとは兄妹だった。

ホスト
境ミナト(Bugって花井)
大河が森で出会った妖怪。
人間と仲良くなりたいと願い大河の計らいでホストになる。
大河以外には妖怪であることを隠している。

ホスト
ザッシー(豊川座敷)
SATOYUKIの独立したお店で働いていたが、SATOYUKIが大河の元で修行させたいと、たっての希望で入店。
独特の歌声と弾き語りが得意。

ホスト
十四夜(ヤマグチ県モリカワ市森川)
九州時代からシュガーに憧れ慕い、シュガーを追うように都に進出。親が倒れホストを一度やめるも、やはり夜の世界が忘れられずその後復帰。しかし親の農業の仕事を継ぐと決意し再びやめる。

ホスト
晃(ヤマグチ県モリカワ市山口晃一)

ホスト
光(土井光太郎)

ホスト
リゾちゃん(マツモトリゾット)

にしね・ザ・タイガーblog
「日誌ね」
http://shakehefu.jugem.jp/


コメント

Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes